最適な容器の選び方|肌年齢は見た目を左右する|シミ対策は美容効果の高いサプリを摂取

肌年齢は見た目を左右する|シミ対策は美容効果の高いサプリを摂取

男の人

最適な容器の選び方

女性

容器の特徴を把握

水素水を撰ぶ時、容器の条件も重要な要素になります。水素水を入れる容器によって特徴が違うので、目的に応じて使い分けましょう。例えば普段持ち歩くための水素水をお探しなら、密閉度が高く高濃度状態を維持しやすいアルミパウチが断然おすすめです。小分けされているので毎回飲み切りたい時にも便利です。また、スティックタイプの水素を使って自宅で水素水を作るなら、大量に作りやすいペットボトルが役に立ちます。ペットボトルの材質は水素が漏れやすい性質がありますが、スティックから水素が絶えずに出ているので放出した分が常に補われます。品質の高い水素スティックを選べば、水素が逃げる量よりも発生する量の方が多いので、いつも高濃度状態を保つことができます。

一番選んではいけない容器

水素水を飲む場面、飲み方によって容器を使い分ける工夫によって、より効果的に水素を身体に摂り入れることができます。携帯用にはアルミパウチ、自宅で水素水を作る時はペットボトルが便利ですが、一番メリットが乏しいのはアルミ缶です。アルミ缶はペットボトルに比べると水素が抜けにくいものの、ペットボトルのように大容量タイプがないので水素水作りには不向きです。アルミ缶に水素水を充填すると、およそ1日半で水素がほとんど抜けててしまうと言われています。つまり、工場から出荷され店頭に並んでいる時にはもう水素はほとんど残っていません。もし市販の水素水を買うならアルミパウチの容器を選びましょう。充填時にいくら高濃度でも、飲む時に抜けてしまっていては意味がありません。